誰でも簡単に多重債務に陥る可能性が

パチスロにのめり込んで借金を重ねてしまった

借金のきっかけなんていうのは、たいていはささいなものです。けれど、気がつくと借金を重ね、何社もの金融機関から借り入れをしてしまっているというのはちょっ危険な状態です。ここでは、どんなきっかけで借金をして、そこからどうやって複数の金融機関から借りることになってしまったのか、体験談を集めました。


借金が原因で転職を

30代の男性です。簡単なプログラミングができ、その仕事をしていましたが、借金が返せなくなって一人暮らしをあきらめ、仕事も転職しました。現在は実家暮らしで、母と兄が2人という4人家族です。いまは家電量販店で携帯電話の販売などをしています。

パチスロが原因で誰にも相談できず

借金のきっかけはギャンブルです。パチスロにのめり込み、生活費が足りなくなり家賃が払えなくなって、25歳のときにアコムのネット申し込みで50万円借りました。原因がギャンブルだということで、恥ずかしくて誰にも相談できず、こっそり借りたという感じでした。

ズルズルと重ねて借金をしてしまい

最初の借金がネットで簡単に手続きができてしまったので、やっぱりちょっと感覚が麻痺していたのかもしれません。その後もパチスロをやめることができず、最初のアコムの返済も滞りがちになり、26歳のときにプロミスの無人機で50万円借りました。

正直に業者さんに相談することで気持ちが楽に

2社目の借金も、手続き自体は簡単でした。ただ、やっぱりこれ以上借金を重ねてはだめだと思い、一人暮らしをあきらめて実家に帰りました。それでも親には正直に打ち明けることはできませんでした。一方で、業者さんとはこまめに連絡を取るようにしました。返済に問題がなければ、特に大手の業者さんの対応はかなり柔軟です。期日に間に合わない場合でも、利息だけとか、次回に回すとかそういった対処をしてくれることもあります。とにかく困る前にも困ったときにも相談、これが鉄則だと身に染みて感じました。

返済計画をきちんと立てることが重要

お金は、借りないのが一番いいです。日ごろからお金を使いがちな人は、まずお金をどう使わないようにするか、とにかく相談できる人を作っておくことが大事です。借りる相談は人間関係を壊しやすいですが、貯める相談ならどんな人でもアドバイスしてくれるからです。自分が損することがなければ、他人はどんな相談でも気軽に応じてくれるますから。あとは間違ってもギャンブルのために借金はしないことです。どうしても1社利用するというのであれば、どんな形であれ返済計画をノートにまとめておくことです。私も、きちんと返済計画を立てたことで、時間はかかりましたが完済できました。