誰でも簡単に多重債務に陥る可能性が

職場の自爆営業と恋人の借金肩代わりで多重債務に

経理畑だから専門家のはずが

もともと経理畑の仕事をしている会社員です。現在53歳ですが独身です。アパレルメーカーや運送会社の経理部に勤め、現在はWEB制作会社に15年以上勤めています。最初に勤務したのがアパレル会社だったのですが、そこで周囲に言われるがままに借金をしてしまいました。

先輩に言われるままにノルマ分を借金して

会社では自分がローン担当業務をしていて、取引先の信販会社からクレジットカードを作って欲しいと頼まれ、別に深くも考えず気軽に作りました。その後、会社の販売会でノルマを押しつけられ、営業でもない経理の自分にアパレルなど売れるはずがなく、先輩に言われるままにその信販会社のカードで30万円キャッシングをして自腹で買い取ってしまったのです。25歳のときでした。いま思えば、本当にバカなことをしました。

彼女の交通事故の後始末も借金でまかなって

しかも悪いことは重なるもので、当時交際していた女性が交通事故を起こし、しかも彼女が自分の車で起こした事故なのに自動車保険にも入っていなくて、お金が足らないと泣きつかれてしまい、僕が全額出しました。都市銀行のカードローンでまかなおうとしたのですが全然足りず、結局アイフル、武富士、レイク、プロミス、ディックファイナンスと5社から総額300万円の借金をしました。

あっという間に多重債務者に

いくら定職に就いていて収入があると言っても、さすがにそこまで借りてしまうと、すぐに返済に行き詰まりました。当時はいまほど法律も厳しくなかったので、夜中に自宅にまで取り立てに来たり、職場にも督促の電話がかかってきたりするようになり、本当にまいりました。もう親にも隠しておけなくなり、結局アイフルなどの業者から借りた分は父親がたてかえて返済してくれました。

1社だけの返済でも苦労した

都市銀行のカードローンだけは自分で返済することにしたのですが、毎月の返済額が元金利息合わせて1万円でしたので、お金がないときなどは1万円返済したあとに元金分の約半分の金額を毎月引き出していたので、完済するのに相当な年数がかかりました。

借金の怖さは充分身に染みた

当時、自分はまだ社会人になりたてて、借金の怖さが全くわかっていなかったのだと思います。とにかく言われるまま、借りられるだけ借りて、返すときのことなどほとんど考えていませんでした。いまではもう、普通にクレジットカードで買い物するときでさえ、ちょっと怖いです。